愛という表現は人によって様々です。

決まった表現の中だけが愛ということではありません。

愛と、そうではない物として区別をすることが普通ですが、本来は全てを含んでいます。

愛というものは、無限です。

無限であるということが愛です。

無限。それは、愛の表現です。

神を創ったもの。それが愛です。

愛とは、決まっているものではありません。

感じるものすべてです。

限定していう愛も、あるかもしれません。

愛というのは難しい表現です。

気持ちが楽になることが愛ということもできるでしょう。

ただ、愛ということは全てなのです。

愛という気持ちを持つことは、神のそのものにあなたがなるということです。

あなたは、もともと愛そのものです。

愛そのものですから、そこから離れたことは一度もありません。

だから、安心してください。

自分を粗末にしないでください。

あなたが愛ということを感じてみてください。

分離をさせないでください。

あなた方は分離を求めています。

しかし、感じられることは、愛をその中で求め続けているということです。

しかし、愛というものは全てなので、わけることができません。

楽になりたいと思っているなら、自分が愛そのものであることを思い出してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。